2013年 繁殖総括
今年の繁殖は・・・

10個中8個孵化(甲羅ずれなし)しました。

昨年は9個中7個孵化でしたから少しだけ孵化率が上がりました。

残念ながら孵化しなかった2個の卵は、

1個は無性卵、もう1個は途中で成長が止まってしまったみたいです。

今年は縁があって孵化子は全て里子にでてしまいました。

この写真は奥にある子ガメプランターから脱出して甲羅干ししていた所です。
20131125_1.jpg

おそらく日よけ代わりにしていた斜めの板を登ってきたんだと思います。

生まれて数週間での脱走力の高さにあらためて驚いたものです。

来年は10割を目指したいですね。


スポンサーサイト
【2013/11/25 17:50】 | 繁殖 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<冬眠入り | ホーム | 冬眠時期>>
コメント
すごい孵化率ですよね。
100%というのは自然界でも難しい事のように思えますから、飼育下でという事を考えると驚異的かと思います。
極めて自然に近い飼育とkamevitoさんの愛情のなせる技ですね。
ちなみに孵化させる時の温度はどのようになっているのですか?
低温管理だとオスが産まれるなんて事をネットで見た事があります。

単独飼いの自分には夢のような話ですがいつかは挑戦したいですね。
冬眠、繁殖と憧れてしまいます。
【2013/11/27 21:02】 URL | くにすけ #-[ 編集] | page top↑
v-5くにすけ様

わたしも始めは夢のような話だと思っていたのですが、生体に恵まれ今の状態です。
ですので決して夢ではないと思いますよ。

卵の保温は32℃ぐらいで管理しています。(暖突とサーモで管理)
高めですよね。
その結果、うちの子ガメは、メスが多いみたいです。
もう少し低い温度で管理すれば、オスも生まれそうですが、孵化率が下がりそうでどうしても高くなってしまいます。
温度管理と性別は関係ありそうですね。
孵化器も自作したので、そのうち紹介したいと思います(最近ネタもないので…^_^;)



【2013/12/01 23:52】 URL | kamevito #wW6pGXNc[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://s268.blog123.fc2.com/tb.php/324-1c4ce691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |