スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
子ガメ冬眠
今年の冬眠は今まで以上に苦戦してます。

なぜなら、寒い部屋がないのです。

昨年までは鉄筋コンクリートだったので、

北側の玄関がいい感じに寒さが安定していて良かったのですが…

今年は引越し先が木造のため、日差しがでると全ての部屋が暖かくなってしまいます。

とりあえず子ガメたちは自室に置いてある小型冷蔵庫に入れました。
IMG_1921.jpg
温度は0~10℃ぐらいです。(部屋が暖かくなると高くなります。)

冷気が直接あたるのを防ぐため、プラスチックのケースに入れました。
IMG_1916.jpg

親たちはいつもの冬眠箱に入れて、ベランダの日の当らないところへ避難しました。

でも昼間13℃ぐらいまで上がってしまいます。

こちらは早急に対応を考えなくてはいけませんね
スポンサーサイト
【2011/12/21 11:18】 | 冬眠 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
そろそろ・・・
そろそろ冬眠だと思うんですけど、まだ甲羅干ししてます。

IMG_1912.jpg

かなり気持ちよさそうに寝てます。

IMG_1913.jpg

体重20g。

本当に冬眠できるんでしょうか・・・

可能性は感じます
【2011/12/12 23:51】 | 冬眠 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
残りの卵
まだ孵らない卵が幾つかあるのですが、

とうとう殻が劣化して割れて中身がシミ出てきてしまったので、

諦めて処分することにします。

かなりショッキングな画像なので迷ったのですが、

飼育の記録として載せようと思います。

IMG_1903.jpg
 
今年は10個中5個が孵化というかなり孵化率が悪かったです。

原因はハッキリはわかりませんが、普段の年と違うことが幾つかあります。

1.交尾させなかった。

2.引越で孵化器を移動させた。(車で40分程度揺れた。)

3.とにかく暑かった。

まあ、普通に考えて交尾させなかった影響は大きいとおもいます。


そして駄目だった卵の中身ですが…

毎回この作業は心が痛みます。

これは明らかに無性卵だったのでしょう。
IMG_1907.jpg

こちらはかなり育っています。
IMG_1904.jpg
なんらかの影響で成長が止まってしまったようです。

こちらも育っていました。
IMG_1906.jpg
申し訳ない気持ちと同時に無事生まれてくれた子ガメを大事にしなきゃという気持ちになります。

孵化しなかった卵5個のうち、

3個が無性卵

2個が途中で成長停止

途中で成長が停止してしまうのは、環境に問題があったことが考えられるので、

来年は改善したいですね。

あと来年は交尾させてあげようと思います。

獣医の先生によると、メスはある程度の年令になると

有精、無精に関わらず毎年卵を産むそうです。

アルの身体の負担を考えて交尾をさせなかったのですが、

どっちにしても産卵するのなら交尾させてあげた方がいいのかな・・・

今回はかなりショッキングな画像で、びっくりさせてしまった人がいたらごめんなさい

来年も産卵してくれたら、全部孵化を目指したいです。

【2011/12/09 18:42】 | 繁殖 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
カリモク60
今年の冬はほとんどが冬眠予定ですが、

保温飼育のカメもいます。

IMG_1901.jpg
このイスに座ってじっくり観察しよう
【2011/12/09 01:19】 | お気に入りグッズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。