スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
冬眠の経過
12月中旬ごろに冬眠に入ったはずのゆうぼとアルだったのですが・・・

最近の気温の暖かさですっかりおきてしまいました。

まだ寝かせるには早かったんでしょうか。

とりあえずベランダの小屋に戻すことにしました。

今日も日中、暖かくなり甲羅干ししてました。

IMG_3519.jpg
二匹ともヨルダン産なのですが、

ヨルダン産は冬眠しないという話も多く聞きます。(去年ゆうぼは冬眠に成功しました)

IMG_3513.jpg
ヨルダン産のギリシャリクガメは寒さにとても強く、

現地の冬の夜はなんと2℃まで下がるらしく、

それでも冬眠はせずじっと耐えて (土にもぐったりして、寒さを凌いでいるのかもしれません)

日が当たると甲羅干しをして活動をはじめるなんて話も聞きます。

確かに二匹を見ていると寒さにはとても強いです。

今日も動きは遅いですが、ゆっくり歩いていました。

もしかしたらこのまま一年中ベランダ小屋で飼えるのかななんて思ってしまいます。

でもそれはあまりに危険な気がします。

小屋の中は冬眠箱のように温度が安定してませんし、

もし気温が0度以下になったらアウトです。

う~ん汗悩みますね。

ヨルダンの人と話してみたいなあ。

いや、ゆうぼ達と話ができたら、どっちがいいか選んでもらうんだけどな。

スポンサーサイト
【2008/12/25 22:07】 | 冬眠 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。