4匹目
今年の繁殖は上手くいってませんと言ったばかりですが、

4匹目生まれました。

子供の手の上だと大きく見えますね😊
IMG_6085.jpg 

まだ殻を破る途中でしたが、保育器に移動しました。
IMG_6088.jpg 

その後無事、殻から出てきました。

95日目の孵化です。
IMG_6089.jpg 

小さいですが、とても元気そうです。

とりあえず8個中4個で、5割達成です。



スポンサーサイト
【2017/10/07 00:05】 | 繁殖 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年の繁殖
実は・・・

今年の繁殖ははっきり言ってうまくいってません。

IMG_6077.jpg 

8個の産卵がありましたが、

生まれたのは3匹です。今のところですけど・・・

ここ数年本当に上手くいってたので、少しショックですね。

原因はハッキリはわかりませんが、

卵はすべて数日で白濁したので、有精卵ではあったのだと思います。

ということは保温の失敗が考えられますね。

今年は孵化器の置いてある部屋で洗濯物の部屋干しをやっていて、

常にエアコンが付いている状態でした。

室内が涼しいということは、常に保温器で温めている状態ということです。

やはり保温器に頼ると温度が安定しないのかもしれません。

来年は室温がある程度暑くて安定している所に置きたいと思います。

生まれた子も91日目と
DSC_3709.jpg 

105日目と
DSC_5119.jpg 

90日目で
IMG_6081.jpg 

うちの中では時間がかかっています。

とりあえず、残りの卵はもう少し保温し続けたいと思います。




【2017/10/04 15:33】 | 繁殖 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お久しぶりです
だいぶサボってしまいました。

その間に産卵が2回ありました。

6月6日に3個、7月3日に2個で、全部で8個になりました。

IMG_5739.jpg 

毎年のパターンだと、あと2個ぐらいかな。

みんな元気ですよ。

息子と同い年の亀たち。今年3歳になります。
IMG_5728.jpg 
息子は弟と呼んでるんですよ。

昨年生まれの子も順調に甲高に育っています。
IMG_5735.jpg 

パパ亀のゆうぼも元気です。
IMG_5738.jpg

ママ亀のアルはお疲れ様です。
IMG_5731.jpg 
うちの亀の中で一番貫禄、器の大きさを感じます。

今回の産卵で良かったのは、息子に見せられたことです。

産卵後、息子が自発的に

「ハッピーバースデー トゥーユー 亀さんおめでとう!」

と歌ったのは少し感動してしまいましたね。

おまけ

相変わらず、ビオトープも続けてます。
DSC_2585.jpg 

青めだか。いい感じで光ってます。
IMG_5672.jpg

底面にはグロッソスティグマです。

熱帯魚水槽では二酸化炭素が不可欠ですが、

屋外なら、ノーメンテナンスです。

やはり、太陽って素晴らしい。




【2017/07/07 19:29】 | 繁殖 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2017年初産卵
今年初の産卵です。

DSC_2524.jpg

毎年のことですが、産んでくれるとホッとします。

今回は3つ。

DSC_2540.jpg

今年もこの産卵箱に保管します。

DSC_2544.jpg

産卵前は、食が細くなりますが、終われば元に戻ります😊

DSC_2558.jpg

アルの小屋もそろそろ限界ですね。

DSC_2562.jpg

今シーズン中に制作してあげるかな。

【2017/05/19 01:02】 | 繁殖 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
年に一度の交尾
ウチでは、年に一度だけ交尾をさせています。

オスメスが会うのは、一年に一度だけなんて、七夕みたいですね。

DSC_1920.jpg

オスのゆうぼには可哀想ですが、かなり激しいアタックをするので、

一緒のスペースで生活させることはできません。

DSC_1939.jpg

↑基本的にこんな感じでメス探しのパトロールです。

メスのアルはこの時期の一回だけの交尾は受け入れますが、

それ以外は基本的に拒否します。

DSC_1949.jpg

長年繁殖をしていてできた生活リズムなんですよね。

とても安定していて助かりますが、

やはりゆうぼには気の毒ですよね。

生まれた子供たちも、ゆうぼに似た性格だと、

大きくなったら扱いが大変ですね。

DSC_1934.jpg

この子たちが繁殖する日が来るのでしょうか・・・

【2017/04/19 23:14】 | 繁殖 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ