スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
子ガメ小屋
久しぶりに自作です。

子ガメ小屋を作って見ました。

DSC_8347.jpg

とはいっても百均の木箱に

穴をあけて接着剤で補強して色を塗っただけです。

DSC_8345.jpg

無事入ってくれました。

DSC_8352.jpg

1年目の子ガメ2匹で満員です。

スポンサーサイト
【2016/10/18 22:48】 | 自作 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
孵化器
自作の孵化器の紹介です。

もう10年近く使っていますが、

孵化率も高いので、特に改善点はないですね。

DSC_5581.jpg

保温は暖突というヒーターを下に敷いて、

温度は熱帯魚用サーモスタットで管理しています。

DSC_5583.jpg

卵と保温器の間はすのこでスペースをとっています。

DSC_5585.jpg

湿度を保つため水の容器に入れておきます。

容器は玄関用の消臭炭が入っていたものです。

DSC_5587.jpg

壁に設置してあるのはサーモスタットのセンサーです。

土の上にあるのは温度計のセンサーです。

観察した時いちいち温度が下がらないよう

アクリル板の内蓋をつけています。

DSC_5589.jpg

配線を避けるために、アクリル板のフチをカットしたり、

箱の角に溝を切ったりして工夫しました。

温度管理はあくまで土の上の温度を見ながら調整しています。

だいたい31度ぐらいですね。

DSC_5590.jpg

今回の卵も保温中です。

DSC_5597.jpg

孵化数日後、白濁がみられたので有精卵だと思われます。

今回は少しマニアック記事になってしまいましたね。



【2016/05/18 06:40】 | 自作 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
子ガメ小屋
昨年末製作した子ガメ専用小屋です。
IMG_2341.jpg

このように子ガメが入るのがギリギリの小さな入口にしました。
IMG_2342.jpg
これで親ガメにつぶされることもないでしょう。

中はこんな感じ。子ガメなら結構入れそう…
IMG_2343.jpg

クローバーもだいぶ出てきました。
IMG_2337.jpg
まだ寒い日が続きますが、確実に春が近付いているようです。

来週あたりには放牧開始したいですね!!
【2012/03/25 14:57】 | 自作 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
屋内飼育部屋
今回は屋内飼育部屋を紹介します。

IMG_1604.jpg

基本屋外飼育なんですが、

生まれたばかりの子ガメは甲羅が柔らかいので、最低一週間ぐらいは屋内飼育にしています。

ちょっと恥ずかしいですが、私の書斎です。
IMG_1611.jpg
左の青いボックスが自作ケージです。

狭い部屋なので、ケージの存在感が出すぎないよう、デスクとのバランスに気を配りました。

亀ケージもインテリアの一つと考えています。

今は全頭屋外なので、休館中です。

ちなみに下の白い箱は小型冷蔵庫で、餌などを保管しています。
IMG_1605.jpg
ケージと後方の木製ブラインドの色が合っているところが気に入ってます

以上、自己満足の世界でした
【2011/10/11 00:42】 | 自作 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
放牧
自作のプランターの上に放牧です。

IMG_0367.jpg

杉の木に焼入れしてみました。

大きさ的に子ガメ専用です。

IMG_0359.jpg

まさに食べ放題ですね。

IMG_0363.jpg

大きくなれよ!
【2010/06/12 23:14】 | 自作 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。